特別展示「ビューティフル・ライス~1000年おいしく食べられますように」

1/6

写真提供:日本科学未来館

 

日本科学未来館を会場にアジアで初めて開催する世界科学館サミット2017(SCWS2017:11月15~17日)にあわせて開催された展示。アジア各地の農村で、数千年にわたって続いてきた伝統的な米作りを科学の視点で読み解きながら、これからの1000年も「おいしく食べる」ためのアイデアを探る。(日本科学未来館H.P.より引用)

http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1707050921574.html

展示什器デザイン、造形、空間構成を担当しました。

クライアント:日本科学未来館

クリエイティブディレクション:中原崇志
展示デザイン:谷尾剛史
グラフィック
アートディレクション:田部井美奈
デザイン:渡邊竜也
イラスト:大津萌乃
映像:土居誠史
テクニカルディレクション:松山真也

​製作施工:つむら工芸